アルファホール

  • 2018.05.01 Tuesday
  • 17:38

 

 本が好き!×やまねこ合同読書会オフに参加しました。

 

 本が好き!の参加者はおすすめのやまねこ本の魅力を、やまねこ翻訳クラブの参加者はおすすめしたい自分の訳書について、それぞれ3分間でプレゼンします。わたしは数少ない自分の訳書のなかから『世界食べものマップ』を選び、ついでにこの本のアルゼンチンのページで紹介されている、アルファホールというお菓子を作って持っていくことにしました。

 

 参考にしたのはこちらのページこちらのページ、『つくって楽しい!世界のスイーツ 4 北・南アメリカのスイーツ』(宮沢うらら著/汐文社)など。アルゼンチンだけでなく、パラグアイ、ペルーなどでも作られています。

 

 概ね日本でも手に入りやすい材料で作れますが、バニラパウダーはバニラオイルで、ライムはレモンで、ドゥルセ・デ・レチェはミルクジャムで代用しました。ドゥルセ・デ・レチェ、手作りできるみたいですが(コンデンスミルクを缶ごと鍋に入れて3時間ほど煮るとか、牛乳1リットルと砂糖300gと重曹小さじ1を2時間煮詰めるとか)、余裕がないのでまたの機会に。

 

 バターたっぷりで、小麦粉の倍の量のコーンスターチを使用しているせいか、さくさくした歯触り。ミルクジャムを糊代わりにして2枚をくっつけるのですが、力あまって、けっこう割ってしまいました……。

 

『世界食べものマップ』ではメキシコや南米の美味しそうなお菓子がいろいろと紹介されているのですが、彼の地の作家による児童文学がなかなか日本に入ってこないため、「お菓子の旅」で紹介できなくて残念です。なので、作り方を調べて、こちらで少しずつ紹介しようと考えています。

 

 こんなものを作っていたため、肝心のプレゼンの準備が全くできず、「もういい、これがわたしのプレゼンだ!」と開き直ったくせに、実際のプレゼンではアルファホールの紹介をし忘れ……。もう、グダグダでした。

 

 ちなみに、去年の10月、パラグアイ・フェスティバルで買ったアルファホールはわたしが作ったものよりもかなり大きく、仕上がりもずっときれいでした。そのときのレポートはこちら

 

 

コメント
コメントする